WMFでは、お客様が本サイトに再度ご訪問された際に、より便利に本サイトを閲覧いただくため、クッキー(Cookies)を使用しています。本サイトをご利用いただくことにより、クッキーがお使いのコンピューターに保存されることにお客様が同意したものとみなされます。 詳細情報: プライバシーポリシー

Close
Information

ご質問がおありですか?

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

* 必須項目

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

WMFグループ

電話: +81 3 54083301

FAX: +81 3 54083311

Eメール: m.tsutsui@wmf-japan.co.jp

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

  • 氏名と電話番号を入力するだけで手続きは完了です。 平日の8時~18時にこちらから折り返しお電話いたします。

  • 時間帯 *

* 必須項目

    WMFカップセンサー

    WMF Cup Sensor

     

    AIを活用したカップ検知による、スマートなコーヒーサービス

    あらゆるカップに合わせて自動調整対応する、実にスマートなコーヒーマシン。WMF 5000 S+および、WMF 1500 S+のオプションで取り付けられるカップセンサーは、ドリップトレイに置かれたカップを検知して、自動抽出口をカップ上部の適切な距離に、正確に移動させます。このマシンは使用されるカップに合わせて特定の飲料またはサイズを事前に選択できるので、手動で選ぶ手間を省け、飲料が溢れるリスクを抑えられます。お客様はスムーズなサービスを満喫可能です。導入することで、運用効率を最大限発揮できるでしょう。

     

    カップセンサーの仕組み

    WMF Cup Sensorこの高度な機能はニーズに応じて、動作モードを切り替えて利用できます。1番目のモードでは、カップが定位置にあることをセンサーが検知しない限り選択された飲料は提供されません。セルフサービス形式の会場などで非常に便利です。2番目のモードでは、マシンがカップを検知したら、自動的に抽出口をカップ上部の最適な距離に調節します。オフィスなど、サイズの異なるカップに飲料を入れるような場所に最適です。3番目のモードでは、センサーが使用カップの高さを認識し、カップのサイズに応じた飲料のみをパネルのメニューに表示します。このモードでは、レシピごとに抽出口が自動的にあらかじめ設定された高さに移動するので、時間と手間を省くことができます。

    カップセンサーのメリット:

    カップ設置時のみ供給:
    カップが置かれない限り飲料は供給されないので、食材の浪費と清掃の手間を減らすことができます。

     

    自動飲料選択:
    使用されるカップに合わせて自動的に最適な飲料のタイプが選ばれるので、非常に使いやすいのも特長です。

     

    カップの自動検出:
    センサーがカップのサイズを自動で検知するので、飲料が溢れるリスクを抑えられます。

     

    衝突制御:
    センサーがカップと抽出口の破損を保護し、安定した飲料品質を保証します。.

     

    飲料の理想的な温度:
    すべての飲料が抽出口からカップまで出来る限り至近距離抽出されるため、最適な温度で提供されます。

     

    清掃の手間の削減:
    センサーによって抽出口からカップまでの距離をできる限り近くに最適化しているので、飲料の飛び散りが少なく、清掃の回数が少なくて済みます。

     

    WMF 5000 S+

    WMF 1500 S+ *

    に対応しています

     

    * 「ダイナミックミルク」システム、またはセルフサービスパッケージを備えたWMF 1500 S+にのみ、対応しています。