Close
Information

ご質問がおありですか?

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

* 必須項目

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

WMFグループ

電話: +81 3 54083301

FAX: +81 3 54083311

Eメール: m.tsutsui@wmf-japan.co.jp

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

  • 氏名と電話番号を入力するだけで手続きは完了です。 平日の8時~18時にこちらから折り返しお電話いたします。

  • 時間帯 *

* 必須項目

    WMFグループ

    WMFグループ

    ガイスリンゲン金属製品工場の前史

    1854年7月、ガイスリンゲン所在の小企業がミュンヘン産業展示会に同社の金属製品を初めて出展し、地元紙のアルプ・フィルスタールボーテから「美しい銀メッキ製品のラインナップ」との称賛を受けました。ストラウプ&シュヴァイツァー金属製品工場は1853年に製品の生産を開始し、最初は従業員16人の小企業でしたが、一世代のうちにグローバル企業へと成長しました。

     

    今日、ヴュルテンベルク金属製品工場 は世界的なブランドです。

    ガイスリンゲン、1853年

    ストラウプ&シュヴァイツァー金属製品工場の最古の絵画です。アルバート・カッピス作の油絵では、まだ牧歌的な風景が中心的な存在として描かれています。

     

     

     

    ヴュルテンベルク商業会議所の1869年の書類に、急成長を遂げていたストラウプ金属製品工場の最も重要な販売地域が記載されています。その地域には北ドイツに加えて、オランダ、デンマークとロシアも含まれていました。

     

    1870年に社名をストラウプ&シュヴァイツァーからストラウプ&ゾーンに変更した後、ダニエル・ストラウプとその息子ハインリッヒは外国での自社販売を行う決断を下しました。ストラウプ製金属製品の成功は、最初からデザインの成功でもありました。1871年に開催されたウルム産業展示会で同社は名声を極め、ヴュルテンベルク以外でも広く知られるようになりました。 

     

    1874年に父子は攻勢をかけ、まずイタリア内を、そしてその後にルーマニア内を販売代理人が歩き回るようになりました。またストラウプは1878年頃に、最初の外国販売支店をルーマニアの首都ブカレストに開設しました。 

     

    1880年、ストラウプ&ゾーン工場はリッター&カンパニー金属製品工場と合併しました。その結果WMF AGが誕生し、合併当時の従業員数は500人でした。

     

     

    リッター&カンパニー社は合併前まで日用品ではなく、贅沢品といわゆる「ファンタジー品」を生産していたため、同社との合併により芸術品事業も加わりました。同社はストラウプ&ゾーンとの合併前に、この「芸術品市場」がさらに大幅に拡大するのではないかと考え、またその市場での競合他社数はそれほど多くはないのではないかと期待していました。

     

    ですが、芸術品を求めていたお客様は実際にはあまりいませんでした。新設されたWMF AGは必要に迫られ、自分たちの芸術的な要求水準とお客様の希望の間で妥協する道を選びました。1895年に取締役のカール・ヘーゲレは、当時を振り返ってこう書いています:「この戦略がうまく行かないことは、それほど時間がたたないうちに判明した。お客様が求めていたものを供給していなかったら、事業に悪影響が及んでいただろう。」

     

    ところで、WMFの製品ラインナップに含まれていたものは、芸術的な装飾を手間をかけて施したカトラリー、ポット、カラフ、バターケースやパンチグラスホルダーだけではありませんでした。

     

    コーヒーも ...

    コーヒーも ...

    ... 既に19世紀に人気製品だったのです!初期は家庭用だけではありましたが、最初のWMFコーヒーマシンは1880年頃に誕生しました。

     

    そしてWMFは1890年頃に、将来に向けた最も重要な路線を定めました。総資産は1880年の160万マルクから約500万に増加し、数年間その水準であり続けました。この時点でのガイスリンゲンの従業員数は約2000人でした。

     

    事業拡大は1897年にさらに進みました。WMFは、後に最初の大型コーヒーマシンの生産拠点となるゲッピンゲンのシャウフラー&ザフト社を買収しました。これは最終的にはさらなる成長段階につながり、WMFは第一次世界大戦までにヴュルテンベルク最大の工業会社へと発展しました。

     

    ステンレススチール「Cromargan」の導入により、WMFは市場での基盤をさらに固めました。この手入れが簡単なスチールは、遅くとも第二次世界大戦後には、家庭だけでなく大型調理場、ホテルや病院で、銀メッキ製品に代わって使用されるようになりました。

     

    Cromarganはコーヒーマシン生産の改善にもつながり、大きな飛躍に貢献しました。

     

    今日WMFグループの従業員数は世界中で5,800人弱であり、ガイスリンゲン本社だけでも約2,000人となっています。WMFの販売体制は世界中で結ばれており、様々な国で子会社や協力会社を通して最適なコンサルティングを提供しています。

     

    WMFはお客様にとって、確かな知識を持ち、実力が歴史的に裏付けられた信頼できるパートナーです。当社は製品と市場を良く理解しています。それは164年前から変わりません。

     

    今日のWMF

    20世紀の中頃に建設された本部管理棟は、今日でも依然としてガイスリンゲン本社敷地内の最も重要な建物の一つとして存在しています。