WMFでは、お客様が本サイトに再度ご訪問された際に、より便利に本サイトを閲覧いただくため、クッキー(Cookies)を使用しています。本サイトをご利用いただくことにより、クッキーがお使いのコンピューターに保存されることにお客様が同意したものとみなされます。 詳細情報: プライバシーポリシー

Close
Information

ご質問がおありですか?

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

* 必須項目

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

WMFグループ

電話: +81 3 54083301

FAX: +81 3 54083311

Eメール: m.tsutsui@wmf-japan.co.jp

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

  • 氏名と電話番号を入力するだけで手続きは完了です。 平日の8時~18時にこちらから折り返しお電話いたします。

  • 時間帯 *

* 必須項目

    WMF 1500 S+

    WMF 1500 S+

    今までにないコーヒーの多様性、高品質を保証。

    WMF 1500 S+は、信頼性の高いパフォーマンスと直感的な操作性を兼ね備え、さまざまな高度な機能がスリムな外形に詰め込まれています。さらに、それはお客様のニーズを満たし、利用客の嗜好に応えられるようにカスタマイズできます。

    WMF 1500 S+は上質な挽きたてコーヒーを提供するための多様な目的に対応できるソリューションです。お客様がWMFに期待する高い品質や長期にわたる信頼性と、お客様が求める柔軟性、利用客を楽しませる多様性を兼ね備えています。WMFのお客様には、未来を先取りする機能が基準です。WMF 1500 S+の機能と革新は注文形式とセルフサービス形式のどちらの環境でも効率性を実現できる使いやすさを提供します。さらに、先駆的なデジタル接続性の利点が加わり、お客様がコーヒービジネスを長期的に成長および進化させるために必要な要素がすべて揃っています。


    • 概要
    • テクニカルデータ
    • Downloads

    WMF 1500 S+のイメージムービー

    イメージムービーではWMF 1500 S+に関する最も重要な情報をご紹介しています。



    フレキシブルに構成可能なコーヒー豆ホッパー

    フレキシブルに構成可能なコーヒー豆ホッパー

    WMF 1500 S+は、バラエティに富んだ飲料提供のためホッパーを最大3基まで搭載可能で、最大2種類のコーヒー豆、チョコレートパウダーまたはツイントッピングを選択できます。また、ノンカフェインコーヒー用などに、コーヒーパウダーのマニュアル投入口を使用することもできます。左右のコーヒー豆ホッパーに最大1100 gの豆を格納できます。中央のホッパーの容量は700 gです。パウダーホッパーは最大2000 gのパウダーを格納できます。外観の最適化を図るため、ホッパーは調和したデザインで、それぞれにロック可能な蓋がついています。また、クリーニングしやすいように、着脱可能で食洗機(家庭用)に対応しています。

    最大2基使用可能なコーヒーグラインダー

    最大2基使用可能なコーヒーグラインダー

    利用客が上質のスペシャルティコーヒーを幅広く選択できるようにするため、最大2基の異なるグラインダーを使用してさまざまなレシピに対応できます。このグラインダーは頑丈、静音、長寿命、高性能。電子制御式で、精密に調整されています。

    10インチのカラータッチパネル

    10インチのカラータッチパネル

    WMF 1500 S+は、美しい10インチのカラータッチパネルですぐに操作可能です。固有のカラー設定で、本物そっくりの商品画像が表示されます。ナビゲーションは直感的で、使い慣れたタッチとスワイプによるメニューが採用され、注文形式およびセルフサービスモードのどちらでも利用できます。栄養成分情報の表示に最適です。また、1日の特定のタイミングで特別なプロモーションを行うなど、パネルを動画の表示にも使用できます。

    広告表示

    広告表示

    10インチのカラータッチパネルには、魅力的な広告や特別キャンペーンのお知らせを表示することもできます。飲料を作る時間を有効に活用し、お客様の注意を引きましょう。

    自動高さ調整抽出口

    自動高さ調整抽出口

    WMF 1500 S+の抽出口は、レシピごとに事前設定を行った値に応じて、選択した飲料ごとに自動的に最適な高さに調整されます。このため、飲料の温度はいつでも完璧です。また、マシン上にミルクがはねているといった状況も過去の話です。※この機能はオプションです。ダイナミックミルクシステムが設置されている場合のみご利用になれます。

    ダイナミックコーヒーアシスト

    ダイナミックコーヒーアシスト

    ダイナミックコーヒーアシストにより、WMF 1500 S+で淹れたエスプレッソコーヒーの最高品質を末永く保証します。一度飲料の品質を設定すると、この新しいシステムで常に抽出フローがモニターされ、必要に応じて挽き具合やコーヒーの量が自動的に調整されます。このように、浸出時間、抽出、量は常に一定であるため、いつでも上質なコーヒーをお客様に味わっていただくことができます。

    ダイナミックミルクアシスト

    ダイナミックミルクアシスト

    画期的なダイナミックミルクアシスト技術は、あらゆるミルク飲料の高品質を維持します。最先端技術を採用したセンサーが常にクーラー内の温度とマシン内のミルクの量を計測します。この値に基づいてポンプの速度などの数値を制御し、選択した状態に合うミルクフォームを生成します。また、ダイナミックミルクアシストは、バッグインボックスシステムの場合でも、ミルク残量が空になったときにお知らせします。

    フレッシュフィルターコーヒー

    WMFの革新的なフレッシュフィルターコーヒーオプションにより、1台のコーヒーマシンではじめて上質な挽きたてコーヒーと美味しいフレッシュフィルターコーヒーの両方を提供することが可能となりました。新しいフィルターカプセルシステムは、一杯ずつ、香り高いコーヒー豆とフィルターを使って淹れ、沈殿物や油分を取り除いてカップに注ぎます。そのシステムにより温度と量を一定に保つため、一杯毎のフィルターコーヒーは常に香り高く、風味を持続します。




    WMF CoffeeConnect

    WMF CoffeeConnectを使用すれば、貴重なマシンデータを取得することができます。販売数値と現在のサービス情報の概要を、いつでもどこでも把握することができます。消耗品の残量が少なくなった場合やメンテナンス措置が必要になった場合には、警告が通知されます。またこのシステムは双方向仕様になっているため、あるマシンを選択して、自分の机から直接そのディスプレイパネルに特別なコマーシャルを送信することが可能です。しかも基本機能は無料で提供されます。WMF CoffeeConnectではコーヒーマシンのデータが収集、分析、処理されるため、手順の最適化、サービス費の削減と売上の増加が可能になります。




    利用可能なミルクシステムとスチームシステム

    利用可能なミルクシステムとスチームシステム WMFのミルクシステムとスチームシステムで、個人の好みに合わせたオーダーメイド型のバリスタスタイルコーヒーをあっという間に淹れられます。イージーミルクのホット ミルクまたはコールドミルクを使ったコーヒー飲料に加えて、ダイナミックミルクシステムによりホット/コールドミルクのほか、ミルクフォームを使った飲料や、フォームのもっと濃いほかの飲料を全自動で準備できます。

    ミルクシステムとスチームシステムの詳細は以下をご覧ください。

    1日あたりの推奨杯数または1時間あたりの最大抽出量*

    最大180杯

    定格出力 / 電源

    2.75~3.25 kW / 220~240 V
    日本仕様:消費電力 3.0KW/電源 単相200V

    コーヒー豆ホッパー

    左右約1100 g、中央約550 g

    チョコまたはトッピングホッパー容量(オプション)

    約1500 g

    外寸(幅 / 高さ** / 奥行)

    325 / 706 / 590 mm

    空重量(構成によって異なります)

    約 37 kg

    連続騒音レベル(LpA)***

    < 70 dB(A)以下

    給水

    ウォータータンク(約4.5リットル)または水道直結式

    * 抽出量は水道直結マシンを使用した場合の数値であり、カップサイズ、品質設定、抽出口、モデルおよび定格消費電力によって異なります。1日当たりの最高推奨抽出容量は、その都度選択されているサービスコンセプトに基づいています。上記の平均値は目安として捉え、トレーニングを受けたWMF従業員に、ご自分のニーズに合ったコーヒーマシンソリューションの作成をぜひご依頼ください。 
    ** コーヒー豆ホッパーを含む高さ (ロックあり、ロックなし)。
    *** オペレーターの仕事場でのA特性騒音レベルLpA(slow)とLpA(impulse)は、どの動作モードでも常に70 dB(A)未満です。 
    5° dKH (硬度) 以上の場合は、WMF浄水フィルターを使用する必要があります。