WMFでは、お客様が本サイトに再度ご訪問された際に、より便利に本サイトを閲覧いただくため、クッキー(Cookies)を使用しています。本サイトをご利用いただくことにより、クッキーがお使いのコンピューターに保存されることにお客様が同意したものとみなされます。 詳細情報: プライバシーポリシー

Close
Information

ご質問がおありですか?

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

* 必須項目

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

WMFグループ

電話: +81 3 54083301

FAX: +81 3 54083311

Eメール: m.tsutsui@wmf-japan.co.jp

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

  • 氏名と電話番号を入力するだけで手続きは完了です。 平日の8時~18時にこちらから折り返しお電話いたします。

  • 時間帯 *

* 必須項目

    WMF 9000 F (Internal Storage)

    WMF 9000 F (Internal Storage)

    香り高いフィルターコーヒーを常にキープ

    2種類のバージョンで提供するWMF 9000 Fは、大規模なケータリングであれ、セルフサービスの使用環境であれ、質の高いフィルターコーヒーの大量供給に必要なすべての高度な機能を備えています。

    WMF 9000 F自動フィルターコーヒーマシンは、高い性能で高品質のコーヒーを供給し、しかも操作は簡単。各種の革新的な機能により、セルフサービスの飲み物を大量に提供するニーズを満たします。この完全自動フィルターコーヒーマシンは、どちらのバージョンも、WMFならではの上質の材料、高度な技術、耐久性に優れた構造を誇り、収益性の高いサービスを長年にわたって安心してご利用いただけます。


    • 概要
    • テクニカルデータ

    一体型のタンク

    一体型のタンク

    本体一体型の4リットルタンクには、最大抽出量の設定に応じて1、2、4リットルを保存できるため、供給が途切れることはありません。最長保存時間や、タンクが空になったときに自動的に抽出後処理を開始するかどうかも設定可能です。
     
    カップ単位でも小型ポット単位でもコーヒーを供給

    カップ単位でも小型ポット単位でもコーヒーを供給

    パネル下のコーヒー注ぎ口からは、カップ単位またはポット単位で、内蔵タンクから簡単にフィルターコーヒーを供給することができます。このモデルでは、熱湯注ぎ口がコーヒー注ぎ口の右側にあります。
     
    最長保存時間をユーザー定義可能

    最長保存時間をユーザー定義可能

    内蔵タンクにコーヒーをキープする最長時間(最大240分)を設定し、その時間を過ぎたコーヒーは廃棄します。これにより、コーヒーが古くならず、常に新鮮で美味しいコーヒーを供給できます。
     
    高速抽出

    高速抽出

    4リットルの内蔵タンクには、必要に応じて即座に抽出を開始する便利な高速抽出機能があります。抽出量を1、2、4リットル(最大)から選択し、バスで多くのお客様が到着したときなどにご利用ください。

    伸縮型ポットブリューイングアーム

    伸縮型ポットブリューイングアーム

    ポットブリューイングアームを使用する場合、コーヒーは外に置いたポットやサーバーに直接抽出されます。ポットブリューイングアームは、最大2.8リットルのポットに最適ですが、伸縮によって異なるサイズのポット(直径175 mm、高さ398 mmまで)にも抽出可能です。どちらのバージョンでもご利用いただけます。
     
    熱湯注ぎ口

    熱湯注ぎ口

    パネルのすぐ下には、ティーポットに少量の熱湯が必要な場合などに備え、効率的に熱湯を供給する便利な注ぎ口があります。どちらのバージョンでもご利用いただけます。
     
    10インチのカラータッチパネル

    10インチのカラータッチパネル

    インタラクティブな10インチのカラータッチパネルでは、わかりやすいメニューから各種の機能にアクセス可能です。大きな飲料ボタンでは日常的な操作をスピーディーに実行し、カスタマイズ可能なツールバーではプリセットオプションを簡単に選択できます。どちらのバージョンでもご利用いただけます。
     
    簡単な自動クリーニング

    簡単な自動クリーニング

    この自動フィルターコーヒーマシンのクリーニングは、クリーニンググラニュレートディスペンサーを使用して、自動で効率的に実行されます。HACCPにも準拠。どちらのバージョンでもご利用いただけます。
     
    広告

    広告

    カラータッチパネルには、魅力的な広告や特別キャンペーンのお知らせを表示することができます。飲料を作る時間を有効に活用し、お客様の注意を引きましょう。どちらのバージョンでもご利用いただけます。




    WMF CoffeeConnect

    WMF CoffeeConnectを使用すれば、貴重なマシンデータを取得することができます。販売数値と現在のサービス情報の概要を、いつでもどこでも把握することができます。消耗品の残量が少なくなった場合やメンテナンス措置が必要になった場合には、警告が通知されます。またこのシステムは双方向仕様になっているため、あるマシンを選択して、自分の机から直接そのディスプレイパネルに特別なコマーシャルを送信することが可能です。しかも基本機能は無料で提供されます。WMF CoffeeConnectではコーヒーマシンのデータが収集、分析、処理されるため、手順の最適化、サービス費の削減と売上の増加が可能になります。

    1日あたりの推奨平均供給量*

    500杯または50L/時

    大量抽出

    ポット抽出

    一体型のタンク

    コーヒーパウダーホッパー

    2.5 kg、3.8 kgまで拡張可能

    カップ単位でのコーヒー供給

    熱湯注ぎ口

    セルフサービスモード

    コーヒーカスの台下排出

    グラニュレートディスペンサーによる自動クリーニング

    LED照明

    定格消費電力

    8,5 – 10,1 kW / 380 – 415 V また14,7 – 14,7 kW / 380 – 415 V

    外寸 (幅 / 高さ** / 奥行)

    450 / 782 / 605 mm

    飲料水供給

    設置側: 水圧0.36 MPa (3.6 bar) 以上、6 l/minにて *、1/2インチ (TW12) メインコックおよび異物フィルター付き (250 μm)
    マシン側: 1 x 1/2インチ (TW12) ボイラー供給、1 x 3/8インチ (TW8) フラッシング管、水圧0.2 MPa (2 bar) 以上、6 l/minにて、最大0.6 MPa (6 bar)、最高給水温度35 °C

    空重量 (バリエーションによって異なります)

    約65 kg

    連続騒音レベル (LpA) ****

    < 70 dB(A)

    * 抽出量は水道直結マシンを使用した場合の数値であり、カップサイズ、品質設定、抽出口、モデルおよび定格消費電力によって異なります。1日当たりの最高推奨抽出容量は、カタログに記載のサービスコンセプトに基づいています。ただし、上記の平均値は目安とお考えください。熟練したWMFのチームが、お客様のニーズにぴったりのコーヒーマシン選びをお手伝いします。
    ** 高さはコーヒー豆ホッパーを含みます。
    *** 1時間あたりの最大供給量に必要な8L/分で0.2 MPa(2 bar)の機械水圧を確保するよう、水道継手と浄水フィルターによる通常の圧力損失を考慮しています。
    **** オペレーターの仕事場でのA特性騒音レベルLpA(slow)とLpA(impulse)は、どの動作モードでも常に70 dB未満です(A)。