WMFでは、お客様が本サイトに再度ご訪問された際に、より便利に本サイトを閲覧いただくため、クッキー(Cookies)を使用しています。本サイトをご利用いただくことにより、クッキーがお使いのコンピューターに保存されることにお客様が同意したものとみなされます。 詳細情報: プライバシーポリシー

Close
Information

ご質問がおありですか?

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

* 必須項目

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

WMFグループ

電話: +81 3 54083301

FAX: +81 3 54083311

Eメール: m.tsutsui@wmf-japan.co.jp

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

  • 氏名と電話番号を入力するだけで手続きは完了です。 平日の8時~18時にこちらから折り返しお電話いたします。

  • 時間帯 *

* 必須項目

    WMF 1200 F

    WMF 1200 F

    好きな時にいつでもお楽しみいただける上質のフィルターコーヒー。

    挽きたてのお豆を使って直接コーヒーを淹れるなら、フィルターコーヒーでお飲みいただくのが一番です。WMF 1200 Fがまさにそれ専用に作られたモデルです。グラインダーを1基または2基備え、高さ165 mmまでならカップでもマグでもポットを問わず対応し、フィルターを通して美味しいコーヒーを素早く自動で淹れられます。お客様のニーズにすぐに対応できる最適なソリューションです。

    カフェにすでに設置済みのWMFマシンの補助として、ベーカリーの早朝の込む時間帯に対応するソリューションとして、大人数の会議向けに香り豊かなフィルターコーヒーをお出しるマシンとして、WMF 1200 Fなら必ず抜群のパフォーマンスを発揮してくれることでしょう。


    • 概要
    • テクニカルデータ

    6種類の飲料ボタン

    6種類の飲料ボタン

    カップやマグ、ポット、またはそれらの組み合わせなどご要望に応じて WMF 1200 Fは飲料ボタンの機能を最大6種類まで設定可能です。ニーズが変われば、手早く簡単に新しい名前とアイコン、価格でラベルを更新できます。

    スリムなデザイン

    スリムなデザイン

    幅はたったの33 cm、WMF 1200 Fなら狭いスペースにも設置できます。コンパクトな寸法ならではの特徴として、ほかのWMFコーヒーマシンと併設することも可能です。

    2基目のコーヒーグラインダー

    2基目のコーヒーグラインダー

    2基目のコーヒーグラインダーを活用すれば、豆から挽いたばかりのノンカフェインコーヒーを淹れるといったオプションを備えることもできます。1種類だけ使用する場合は、供給量が2倍になるため、特にピーク時には便利です。

    熱湯の供給

    熱湯の供給

    WMF 1200 Fはボタン操作一つで熱湯を入れることもできるので、コーヒーだけではなくお茶をお出しすることもできます。

    オプションのポットブリューイングアーム

    オプションのポットブリューイングアーム

    最大2.4リットルの容量のポットにも対応する側面拡張式ポットブリューイングアームを使って、大容量のコーヒーも淹れられます。

    高さ調整式注ぎ口

    高さ調整式注ぎ口

    高さ165 mmまでならカップやポット、ジャグやマグを問わず対応する高さ調整式の注ぎ口で周りを汚すことなくコーヒーを簡単に淹れられます。

    5つの機能ボタン

    5つの機能ボタン

    中央にある5つの機能ボタンを使って、クリーニングや製品設定、その他機能などあらゆる設定を行えます。視覚表示を使った画面の説明で操作も簡単です。

    急速抽出

    急速抽出

    WMF 1200 Fは、約1分強で0.5リットルを抽出できるため、大きなコーヒーマグや断熱ポットをすばやく満たすことができるため、お客様をお待たせすることがありません。

    着脱可能なコーヒー豆ホッパー

    着脱可能なコーヒー豆ホッパー

    WMF 1200 Fのコーヒー豆ホッパーはロック可能であるだけでなく、コーヒー豆以外のものを投入したり取り出したりすることはできません。これは、セルフサービスモードで特に価値があります。 また、満杯の場合でも取り外し可能で、豆が落ちるリスクがないように設計されているため、豆を簡単かつ清潔に交換できます。

    エコモード

    エコモード

    省エネモード搭載で、10分以上飲料が供給されていなければスチームボイラーの温度が下がります。次の抽出の際は、再び加熱するのに15秒しかかかりません。

    マニュアル投入口

    マニュアル投入口

    挽いたコーヒー豆を一杯からでもも抽出できるので、とても実用的です。

    1日あたりの推奨杯数または1時間あたりの最高抽出量*

    最高180杯

    定格消費電力 / 電源

    3.1 - 3.7 kW / 220 – 240 V

    ポット (容量)

    2 L

    ホッパー容量

    約1000 g

    外寸 (幅 / 高さ** / 奥行)

    324 (ポットテーブル付き = 507) / 682 / 599 mm

    給水

    水道直結

    空重量

    約33 - 38 kg

    連続騒音レベル (LpA) ***

    < 70 dB (A)

    * 抽出量は水道直結マシンを使用した場合の数値であり、カップサイズ、品質設定、抽出口、仕様および定格消費電力によって異なります。最高推奨抽出量は、その都度設定されているサービスコンセプトに基づいています。上記の平均値は目安として捉え、トレーニングを受けたWMF従業員に、ご自分のニーズに合ったコーヒーマシンソリューションの作成をぜひご依頼ください。
    ** 豆ホッパーを含む高さ
    *** オペレーターの仕事場でのA特性騒音レベルLpA (slow) とLpA (impulse) は、どの動作モードでも70 dB(A) 未満です。

    5˚ dKH (硬度) 以上の場合は、WMF浄水フィルターを使用する必要があります。