Close
Information

ご質問がおありですか?

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

* 必須項目

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

WMFグループ

電話: +81 3 54083301

FAX: +81 3 54083311

Eメール: m.tsutsui@wmf-japan.co.jp

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

  • 氏名と電話番号を入力するだけで手続きは完了です。 平日の8時~18時にこちらから折り返しお電話いたします。

  • 時間帯 *

* 必須項目

    WMF 5000 S

    WMF 5000 S

    今すぐコーヒーをサーブ!コーヒーをすぐに楽しみたい方のために。

    WMF 5000 Sは生活にスピード感を求めている方に適したスペシャルティコーヒーマシンです。極めて豊富な種類のドリンクを卓越した品質で、しかも瞬時に提供するという要件を完璧に満たします。スペシャルティコーヒーを出来るだけ素早くサーブする必要がある場所であれば、どこにでもマッチします。

    WMF 5000 Sを導入すれば、成功が約束されたも同然です。1時間あたりの提供カップ数が増え、1日あたりの売上高も増加します。ぜひお任せください。


    • 概要
    • テクニカルデータ
    イメージムービーではWMF 5000 Sに関する最も重要な情報をご紹介しています

    WMF 5000 Sのイメージムービー

    イメージムービーではWMF 5000 Sに関する最も重要な情報をご紹介しています。




    コンパクトな構造

    コンパクトな構造

    極めてスリムなサイズが魅力です。これにより、別のコーヒーマシンや付属機器用のスペースが生み出されます。

    フレキシブル

    フレキシブル

    実用的なスモール・ミディアム・ラージ (SML) 機能を使用して、各ドリンクに複数のカップ容量を事前に設定して割り当てることができます。

    高い耐久性

    高い耐久性

    堅牢な抽出ユニットと高出力ポンプにより、長い耐用期間とトップパフォーマンスが保証されます。

    直感的

    直感的

    大型タッチパネルには極めて分かりやすい「デジタル取扱説明書」が付いています。現在の工程が自動的に表示されます。

    追加機器

    追加機器

    完璧に調整された付属機器と自動販売機を導入することで作業が楽になり、性能が向上します。




    入手可能なミルク・スチームシステム

    入手可能なミルク・スチームシステム

    WMFミルク・スチームシステムにより、プロ級のコーヒーをお好みに合わせて短時間で淹れることができます
    ホット・コールドミルクミックスドリンクに対応したイージーミルクに加えて、ホット・コールドミルク/ミルクフォームドリンクの全自動でのサーブと、ミルクフォーム濃度のバリエーション拡大を可能にするダイナミックミルクシステムも用意されています。

    ミルク・スチームシステムに関する詳細情報はこちらをご覧ください:



    WMF CoffeeConnect

    WMF CoffeeConnectは、コーヒーマシンデータを操作・メンテナンス工程のあらゆる関連領域に転送することができます。これにより、コーヒーマシンの準備がスピードアップして最良になります。小規模の店舗でもチェーンレストランでも完璧に使用可能で、オペレーター作業とサービス業務に最適です。

    WMF CoffeeConnectに関する詳細情報はこちらをご覧ください:

    1日あたりの推奨杯数または1時間あたりの最高抽出量*

    最高250杯

    定格消費電力 / 電源

    2.75–3.25 kW / 220–240 Vまたは6.0–7-1 kW / 380–415 V

    DIN 18873-2に準拠した
    1時間あたりの抽出量*
    エスプレッソ / ダブルエスプレッソ
    カフェクレーム / ダブルカフェクレーム
    カプチーノ / ダブルカプチーノ



    144/220杯
    112/136杯
    144/220杯

    総給湯量 / 時 (220–240 V)

    160杯

    総給湯量 /時 (380–415 V)

    180杯

    DIN 18873-2に準拠した1日あたりのエネルギー損失 (220–240 V)

    1.55 kWh

    DIN 18873-2に準拠した1日あたりのエネルギー損失 (380–415 V)

    2.23 kWh

    ホットミルクドリンク (イージーミルク)

    ホットミルクフォームドリンク (イージーミルク)

    コールドミルクドリンク (イージーミルク)

    コールドミルクフォームドリンク (イージーミルク)

    -

    ホットミルクドリンク (ダイナミックミルク)

    ホットミルクフォームドリンク (ダイナミックミルク)

    コールドミルクドリンク (ダイナミックミルク)

    コールドミルクフォームドリンク (ダイナミックミルク)

    クリーニングシステム (イージーミルク)

    イージークリーン**

    クリーニングシステム (ダイナミックミルク)

    クリーンインプレイス***

    コーヒー豆ホッパー容量

    左右約1100 g、中央550 g

    チョコまたはトッピングホッパー容量 (オプション)

    約1200 g

    外寸 (幅 / 高さ**** / 奥行)

    325 mm / 706 mm / 590 mm

    給水

    水道直結 3/8インチ、TW10 (アングルバルブなど)

    空重量

    約37 kg

    連続騒音レベル (LpA)*****

    < 70 dB(A)

    * 抽出量は水道直結マシンを使用した場合の数値であり、カップサイズ、品質設定、抽出口、仕様および定格消費電力によって異なります。1日あたりの最高推奨抽出量は、その都度設定されているサービスコンセプトに基づいています。上記の平均値は目安として捉えてください。トレーニングを受けたWMF従業員に、ご自分のニーズに合ったコーヒーマシンソリューションの作成をぜひご依頼ください。
    ** クリーニングタブレットと青いクリーニングボックスを使用した全自動クリーニングシステム。クリーニングタブレットが入った青いクリーニングボックスをミルク容器の代わりにコーヒーマシンに接続して、自動クリーニングプログラムを開始します。マシンは水をクリーニングボックス内に自動で定量供給してタブレットを溶かし、ミルクシステムを全自動で洗浄し、水とスチームで改めてすすぎます。フォーマーヘッドは週に1回手で洗浄して、クリーニング液に浸す必要があります。
    *** クリーニングシステム「クリーンインプレイス」の機能は、原則的にはイージークリーンと同様です。ただしこちらには、フォーマーヘッドをわざわざ取り外して手で洗浄する必要がないというメリットがあります。
    **** 豆ホッパーと錠を含めた高さ、鍵は含まない。
    ***** オペレーターの仕事場でのA特性騒音レベルLpA (slow) とLpA (impulse) は、どの動作モードでも70 dB(A) 未満です。

    5˚ dKH (硬度) 以上の場合は、WMF浄水フィルターを使用する必要があります。