Close
Information

ご質問がおありですか?

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

* 必須項目

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

WMFグループ

電話: +81 3 54083301

FAX: +81 3 54083311

Eメール: m.tsutsui@wmf-japan.co.jp

まだご質問がおありですか?

WMFお客様相談センターでは、お客様からのご相談を受け付けております。

  • 氏名と電話番号を入力するだけで手続きは完了です。 平日の8時~18時にこちらから折り返しお電話いたします。

  • 時間帯 *

* 必須項目

    WMF 1200 S

    WMF 1200 S

    お客様をいともたやすく満足させられる、業務用コーヒーマシンのエントリーモデル。

    WMF 1200 Sは、プロも納得の業務用コーヒーマシンで、必要供給量が小~中程度の場合に適しています。充実したドリンクラインナップを誇るこのマシンは、エスプレッソ、カフェクレーム、カプチーノ、カフェラテ、ラテマッキャート、ミルクチョコやチョチアートなど、どんな好みにも対応します。ボタンを押すだけで、トップ品質のドリンクが確実に提供されます。ディスプレイは見ただけですぐに操作方法が分かるため、完璧なコーヒーを極めて簡単に楽しむことができます。


    • 概要
    • テクニカルデータ
    集中給湯

    集中給湯

    例えば紅茶を淹れる場合などに、ボタンを押すだけで熱湯が適温で供給されます。

    LEDを2個内蔵

    LEDを2個内蔵

    フロントカバーの下側にあるイルミネーションが抽出口エリアに輝きを与え、ドリンクを照らし出します。

    おいしいミルクチョコとチョチアート

    おいしいミルクチョコとチョチアート

    要冷蔵牛乳をホットでたっぷり使用して、ほぼすべてのチョコ・コーヒードリンクを淹れることができます。

    柔軟な給水方法

    柔軟な給水方法

    タンク式と水道直結式から選択できるため、要望と現場の状況に自由自在に合わせることができます。

    組み合わせ可能なスリムサイズ

    組み合わせ可能なスリムサイズ

    スリムサイズのこのマシンは、どのような場所にも配置することができます。WMF 1200 Fと組み合わせることで、あらゆるコーヒードリンクを提供できるようになります。

    ゼロエネルギー機能

    ゼロエネルギー機能

    マシンのスイッチをオフにすると、完全に停止します。電力消費量が確実にゼロになります。




    WMF 1200 Sでは以下のミルクシステムが提供されています:

    ベーシックミルク
    イージーミルク


    ミルクシステムに関する詳細情報はこちらをご覧ください:

    1日あたりの推奨杯数または1時間あたりの最高抽出量*

    最高100杯

    定格消費電力 / 電源

    2.0 - 2.4 kW / 220 - 240 V

    DIN 18873-2に準拠した1時間あたりのエスプレッソ抽出量

    120杯

    DIN 18873-2に準拠した1時間あたりのカフェクレーム抽出量

    93杯

    DIN 18873-2に準拠した1時間あたりのカプチーノ抽出量

    113杯

    給湯量

    110杯

    コールドミルクドリンク

    イージーミルク搭載モデル

    コールドミルクフォームドリンク

    不可

    DIN 18873-2に準拠した1日あたりのエネルギー損失

    0.41 / 0,85 kWh

    コーヒー豆ホッパー容量

    約500g

    チョコまたはトッピングホッパー容量 (オプション)

    約500g

    外寸 (幅 / 高さ** / 奥行)

    324 / 682 / 553 mm

    給水

    タンク (約4 L) または直結式

    空重量

    約33 kg

    連続騒音レベル (LpA) ***

    < 70 dB(A)

    * 抽出量は水道直結マシンを使用した場合の数値であり、カップサイズ、品質設定、抽出口、仕様および定格消費電力によって異なります。最高推奨抽出量は、その都度設定されているサービスコンセプトに基づいています。上記の平均値は目安として捉え、トレーニングを受けたWMF従業員に、ご自分のニーズに合ったコーヒーマシンソリューションの作成をぜひご依頼ください。
    ** 豆ホッパーを含む高さ
    *** オペレーターの仕事場でのA特性騒音レベルLpA (slow) とLpA (impulse) は、どの動作モードでも70 dB(A) 未満です。

    5˚ dKH (硬度) 以上の場合は、WMF浄水フィルターを使用する必要があります。